風評被害について

ここでは、「風評被害について」 に関する記事を紹介しています。
 被災地の方々に沢山の善意ある義捐金が集まっています。
50のオヤジとしては、日本人もまだまだ大丈夫だなと嬉しく思っています。

 ただし、本当に被災地の方々が復興するには、
いままでの産業を復旧する必要があります。

 ここで問題となるのが、放射能による風評被害!

 放射能=こわい、と感じている人も大勢いると思います。しかし、
普通に生活していても放射能は受けますし、レントゲン撮影をしても、
飛行機に乗っても、ラジウム温泉に浸かっても放射能は受けます。

 私の好きなカメラのレンズなどは、放射能レンズも有り、
弱い放射能を出し続けています。
(PENTAX Super-Takumar 55mm F1.8:2マイクロシーベルトぐらい(自然界の50倍程度の放射線量))
(もちろん、カメラのレンズで被爆した話は聞いたことはありませんが・・・)

 また、古いガラス製品には、同様に放射能ガラスを使ったものもあると聞いています。

 要するに、放射能の影響は程度の差で、基準以下ならば安全とみなして
良いと思います。

 私は少なくとも、放射能が基準以下で、市場に出回った農作物、海産物については、
積極的に福島を含め、東北地方の物を購入しようと考えています。

 おそらくそれが、東北被災地の復興に対し、一番の応援になると確信しています。

関連記事
※ブログランキングに参加しています。 
 ↓↓↓ アトムをポチっと♪、よろしくお願いします!ありがとうございます! 

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
 
※カメラ関係の記事一覧(内部リンク集)を作成しました。
 カメラに御興味がある方は、どうぞお楽しみ下さい。(少しコアな内容です!)
 =>
 <<カメラ関係記事一覧(内部リンク)>>


※本の記事一覧(内部リンク集)を作成しました。
 徐々にふやしてゆくつもりです。(読み返したくなる本です!)
 =>
 <<本の記事一覧(内部リンク)>>




この記事へのコメント
風評被害は問題ですね。
テレビを見てても専門用語が多いし、
「直ちに影響がない」と、今は大丈夫だけど将来は…みたいな言い方だったりと、
不安になってしまうのですよね…
キチンと自分で勉強して正しい知識を身につけないとダメですよね。
2011/04/05(火) 22:58 | URL | サクラびより #U8EhS8Vs[ 編集]
 いつもコメント有り難うございます。
特に放射能の風評被害の問題は難しいですね。
ミリシーベルト?普段使わない言葉ですもんね。

 でも、食品の基準値に合格していれば全く問題無いと思いますよ。
そうでなければ、私なんか今頃はカメラのレンズで被爆していますから・・・
2011/04/06(水) 00:16 | URL | アトムパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック