ライツ・フィルムパトローネ (Leitz Film Cannister)

ここでは、「ライツ・フィルムパトローネ (Leitz Film Cannister)」 に関する記事を紹介しています。
2010_1229画像0001
 今回紹介するのは、ライツ・フィルムパトローネ(Leitz Film Cannister)です。

 これは、バルナック型ライカ用のフィルム用マガジン(パトローネ)で,
マガジン本体は真鍮製,ケースはアルミ製です。

 このマガジンに映画用フィルムを巻いて使用します。
現代の35mmパトローネより、1~2mmぐらい背が高いです。

2010_1229画像0002
 分解すると、3つのパーツに分かれます。フィルムを暗室でセットします。

非常に丁寧な作りをしています。

2010_1229画像0003
 小さい字で、Ernst Leitz Wetzlar Germany の文字が刻印されています。

2010_1229画像0004
 実際に使用する場合は、古いバルナックライカが合うと思います。

 おそらく70年以上昔のパーツと思いますが、使おうと思えば、
問題無く使えるでしょう。

 クラッシックカメラには、恐ろしいほどの普遍性があります。
(EOS Kiss Digital TAMRON SP 35-80mm F2.8-3.5)

関連記事
※ブログランキングに参加しています。 
 ↓↓↓ アトムをポチっと♪、よろしくお願いします!ありがとうございます! 

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
 
※カメラ関係の記事一覧(内部リンク集)を作成しました。
 カメラに御興味がある方は、どうぞお楽しみ下さい。(少しコアな内容です!)
 =>
 <<カメラ関係記事一覧(内部リンク)>>


※本の記事一覧(内部リンク集)を作成しました。
 徐々にふやしてゆくつもりです。(読み返したくなる本です!)
 =>
 <<本の記事一覧(内部リンク)>>




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック