レンズフード三昧!

ここでは、「レンズフード三昧!」 に関する記事を紹介しています。
2010_1009画像0001
 念願のレンズフードが手に入りました。タムロン(TAMRON)28-80mmズーム用のフード(1C2FH)です。ハードオフ(ブックオフの系列のリサイクル店です)で315円でGETしました。まともに買えば2000円くらいします。私は、レンズフードが大好きで、ほとんどのレンズに付けて使います。理由は、①安くて確実に効果がある(ハレーションなどが減少します)、②デザイン的にカッコヨクなる、の2点です。これで、デジタル一眼中古激安セットの完成です。
 あまりに嬉しいので、所有しているフードの紹介をします。
2010_1009画像0002
 このカメラは、フジカ(Fujica)35SEです。何と1/1000秒の高速シャッターを搭載しています。フードは、角型の金属製を付けています。
2010_1009画像0003
 これは、旧ソ連のゾルキー(Zorki)4(レンズ:ジュピター(JUPITER)3)です。このフードは、八仙堂製を定価で購入しました。唯一の新品・定価購入のフードです。
2010_1009画像0004
 これは、ライカM3(レンズ:マクロスイター(Macro-Switar))です。このフードは、レンズと一緒に中古カメラ屋さん(今は無きレチナハウス)で購入しました。20年くらい前のことで、フードだけで、12,000円しました。(今思うと、大ばか者でした)
2010_1009画像0005
 これは、安原一式(レンズ:インダスター)です。世間が何と言おうと、私は安原さんが大好きです。私をカメラ道楽の底なし沼に、叩き込んでくれた人ですから。このフードは、100円のライトの柄を削って自作しました。
2010_1009画像0006
 これは、コニカのコニレットです。私の父から引き継ぎました。フードは、他のレンズ用に手に入れて、合わなかった物がぴったりでした。
2010_1009画像0007
 これは、旧ソ連のスメナ8Mです。恐ろしくチープですが、レンズだけはカールツアイスに匹敵すると、巷で評判です。実際に写してみましたが、それ程でもないと感じました。個体差が激しいのかもしれません。このフードも自作しました。
2010_1009画像0008
 これは、リコー500GSです。コンパクトなレンジファインダーで、写りも素晴らしいです。フードはミランダの金属製をつけています。
2010_1009画像0009
 これは、プリモフレックス(Primoflex)です。何と純正フード付きでオークションで買いました。まだ修理途中です。
2010_1009画像0010
 これは、ローレルフレックス(Laurelflex)で、プリモフレックス(Primoflex)(東京光学)Ⅱの別ルート(服部時計)で売っていたものです。フードは丸い金属製で、クラッシックさを表現してみました。
※まだまだたくさんありますが、そろそろ現実から逃避したくなったので。このへんにさせて頂きます。
 (実際のカメラの数を把握するのが怖いので・・・)ここまで、見ていただき、ありがとうございました。
関連記事
※ブログランキングに参加しています。 
 ↓↓↓ アトムをポチっと♪、よろしくお願いします!ありがとうございます! 

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
 
※カメラ関係の記事一覧(内部リンク集)を作成しました。
 カメラに御興味がある方は、どうぞお楽しみ下さい。(少しコアな内容です!)
 =>
 <<カメラ関係記事一覧(内部リンク)>>


※本の記事一覧(内部リンク集)を作成しました。
 徐々にふやしてゆくつもりです。(読み返したくなる本です!)
 =>
 <<本の記事一覧(内部リンク)>>





 このハンコ屋さん、選べる犬種の多さは、日本一です!犬バカの私でも、驚きました!
 しかも、犬種ごとに、その犬種特有の毛色(模様)を用意してます!
 このハンコ屋さん、相当な犬バカだと思います(笑)。必見です!!!



  アトムが使ってる食事台です。価格は1500円くらいです。
  首への負担を軽くするために、ブラウンを使っています。
  写真は、台の脚を短くした状態ですが、脚の長さは、写真の倍まで調整できます。
 アトムには脚を長くして使っています(巨大パピヨンですから(笑))
  もう何年も使っていますが、全く壊れる気配がありません(笑)



  薬を包んで、食べやすくするものです。価格は、1100円くらいです。
  アトムは、幸い、薬もバクバク食べてくれますが、
  薬を吐き出してしまうワンちゃんには、良いかと思います。



 鹿肉を8割使用し、消化吸収率87%で、胃腸に優しいフードです。
 また、アレルギーへの効果は素晴らしく、アトムも治りました!
 初回購入時は、パンフレットが同封され、細かい説明が書かれています。
 旧名:TLCのころから選んでいますが、 
 肉質が豊富で、消化吸収率が高いので、与えすぎには、ご注意を! 

 ※2016.11.20 原材料が羊肉から鹿肉に変更されました。 
 ※        製法の変更から、冷蔵庫保管が必要なくなりました。 
 ※        価格は据え置きです。恐らく鹿肉フードでは、安価だと思います。 
 ※        アトムは、大好きですが、鹿肉は好き嫌いがあるので、 
 ※        鹿肉のオヤツで試してからが良いかもしれません。 
 ※2017.7.31 1kgパッケージが廃止され、1.5kgパッケージとなりました。 
 ※        このことにより、今までは初回は1Kgが500円でしたが、 
 ※        1.5Kgが1000円と、お試し価格が改定されました。 
 ※        価格自体も、重量に合わせて改定しています。 


↓ ファインペッツ(FINEPET'S)の美味しい食べ方です

いつもの食事風景です(2010.8.21の記事)






この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック